Aidemy Tech Blog

機械学習・ディープラーニング関連技術の活用事例や実装方法をまとめる、株式会社アイデミーの技術ブログです。

忙しい方へ WWDC ARKit 3分で読めるわかりやすい概要です。

 

f:id:vntomoo:20170615172535p:plain

 

WWDCappleの記者発表のようなものですね)のレビューをいたします。

お役に立てれば幸いです。

 

今回取り上げますWWDCというカンファレンスでは、目を引く発表が多数ありました。例えば「新iMac」の発表などです。

 

本日の記事では、iOSに導入される「ARKit」についての内容を簡単にお伝えしようと思います。

(詳細は以下へ)

developer.apple.com

 

ARKitってなにもの??

Argumented Reality =拡張現実

ポケモンgoなどで有名になったワードかと思います。

VRとの違いですが、VRはコンピューター上の仮想空間に入るのに対し、ARは現実に付加情報を乗せたもの、というイメージだそうです。ポケモンGOでは現実の地図にポケモンの情報が付加されていますね。

ARKit、つまり拡張現実をお手軽にiOSで、ということです。

f:id:vntomoo:20170615173417p:plain

 

かしこまった言い方をすれば、

内蔵カメラの映像上に、2Dもしくは3Dの要素を配置する

とも言えます。

f:id:vntomoo:20170615191947p:plain

↑の画像を見るとわかりますが、携帯の画面上に、現実世界にはないキャラクターがソファーに立っているのがわかりますね?こういうことです。

 

含まれる機能としては、

motion tracking(動きを捕捉)

scene capture (シーンを検出)

scene prosessing(シーン処理)

display convinience to……(AR経験を画像上に読み込むのを簡単にするディスプレイ)

 

などが組み込まれているそうです。

これらの機能があるとなにができるのか、具体的な応用例を考えてみました。

 

 

f:id:vntomoo:20170615193835p:plain

 

 

これはスマホのカメラでラーメン屋さんの看板を見たイメージです。見ただけで値段と味の種類と食べ〇グ評価が分かると思います。ネットで調べるより感覚的ですね。

このように画像に情報を付加させることができます。

 

今回はラーメン屋さんですが、美容院や歯医者さんでもできると思います。

 

他にも

①会社案内アプリ

→オフィスのどこに何課があり、事業概要が○○で、顔にやっている仕事がでてくるとか

国会議員の名前が顔から出てくるアプリ

国会議員の名前が覚えられない職員・官僚の皆さまへ

③動物園の動物紹介アプリ

→名前とか出身国のほかに、飼育員さんの推しポイント!などあるとより楽しめそうですね

④勉強アプリ

→大名の顔から名前が浮き上がってきて、自分のストーリを語り始めるとか

 

などでしたらすぐ作れそうですね。現実に情報を簡単に付加できるようになった、ということがポイントだと思います。

本日は以上です。