8月の新コース『ソラコム流、ラズパイで始めるIoT』リリース

世界的なIoTプラットフォームを運営するソラコムが制作!
“新鮮なデータ”を収集するIoTシステムの開発実践コースを公開

2019年8月9日(金)より、新たなオンライン学習コース『ソラコム流、ラズパイで始めるIoT』の提供を開始しました。

『ソラコム流、ラズパイで始めるIoT』

ソラコムがリアルイベントなどで提供してきたIoTデバイスの開発体験コンテンツを、分かりやすく大幅アップデートしてオンライン配信。有料の体験イベントよりお安く、どこででもIoT開発を始められます。

コースで作るIoTシステムのイメージ

コース概要

技術者でなくてもIoTシステムは作れる! IoTプラットフォーム「SORACOM」を使い、モノからのデータ収集を体験します。小型パソコン「Raspberry Pi」(通称:ラズパイ)を使って、実際のビジネスにも使えるIoTシステム開発を体験してみましょう。

コンテンツ制作は、ソラコムで年間140回以上の講演をする、“Max”こと松下享平テクノロジー・エバンジェリスト 事業開発マネージャーが担当しました。

多くの企業からIoTに取り組む意義や悩みを直接聞いた専門家が、IoTを入り口から分かりやすく紹介。ビジネス活用する現場の声もお届けします。


コース内容

1. 事例から見る「IoT」

実ビジネスでIoTを使っている事例から、AI開発などのデータ活用にIoTが重要な理由を学びます。

2. IoTデバイスを作ってみる

小型パソコン「Raspberry Pi」と、ラズパイ専用のセンサーデバイス「Sense HAT」を使ってIoTデバイス開発を体験。3G/LTE回線を使ってデータ送信ができる、SORACOMのモバイル通信の設定もします。

3. IoTシステムを使う

開発したIoTデバイスを使い、実際にクラウドへデータを送信。SORACOMのクラウドサービスを使って、送信されたデータを可視化するIoTシステムを体験します。どこからでもデータを収集・可視化するシステムが開発できます。

4. ビジネスで使うために

開発したIoTシステムを基に、ビジネス利用をするために有用な情報を確認できます。見積もりに必要なサービス利用料や、学習した内容を応用・発展させるための参考になるプログラムの例などを紹介します。

価格

1980円(税込)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です